前のページに戻る
2012年10月5日

「EVパワーステーション/ホーム・パワー・ステーション」が
CEATEC AWARD 2012で「準グランプリ」を受賞


 ニチコン株式会社のV2H(Vehicle to Home)システム「EVパワーステーション」と、家庭用蓄電システム「ホーム・パワー・ステーション」が、CEATEC AWARD 2012の“豊かで夢のあるスマートな暮らしを創る「プロダクツ&サービス部門」”において「準グランプリ」を受賞いたしました。

 CEATEC AWARDは、CEATEC JAPANに出展された展示製品の中から、特に優れたイノベーション力を発揮した技術・製品・サービス・システム等を表彰し、CEATEC JAPAN発により国内外に情報を発信し、アピールを行うものです。

 今回受賞しましたV2Hシステム「EVパワーステーション」は、EVから一般住宅への電力供給を世界で初めて実現したEV用充電・給電システムです。夜間にEVへ充電し、昼間の電力需要のピーク時に家庭用電源としてEVから給電することで、電力のピークシフトに貢献できます。また、もしもの停電時に日産リーフの大容量バッテリーに充電した電力を家庭用のバックアップ電源として使用できます。
 家庭用蓄電システム「ホーム・パワー・ステーション」は、低料金の深夜電力を内蔵の蓄電池に充電し、昼間の電力使用ピーク時に効率よく利用して電気料金の節約を行ったり、昼間に太陽光で発電した電力を蓄電し、夜間に活用することで、エネルギーの地産地消に貢献できます。また停電時に備えて、大容量の蓄電システムから家庭に、必要な電力のバックアップが可能です。

 選考では、“今後重要な位置を占めてくるであろうEVとの連携や、避けて通れないエネルギー問題解決のための重要な先進性をもつこと、既に商品化され、実用性が示されていることも意義が高い”と評価されました。

 今回の受賞を励みに、さらに研鑽を努め、お客様のご期待にお応えできる製品の提供に全力を挙げて取り組んでまいります。

以 上

「ホーム・パワー・ステーション(左)」と「EVパワーステーション(右)」

「ホーム・パワー・ステーション(左)」と「EVパワーステーション(右)」



表彰式:幕張メッセ ニチコン 荒木社長

表彰式:幕張メッセ
ニチコン 荒木社長

 

ページの先頭に戻る