前のページに戻る
2013年3月22日

「創エネ」&「蓄エネ」型防災対応EV用充電システムを「道の駅」に納入
〜福井県小浜市「道の駅」への再生可能エネルギーによる充電システム〜


まえがき
 ニチコン株式会社は太陽光発電で発電した電気を蓄電システムの充電やEV用充電器への電源供給に利用した「創エネ」&「蓄エネ」型防災対応EV用充電システムを福井県小浜市様の「道の駅・若狭おばま」に納入いたしました。
 本システムは、環境に優しいEV用充電システムの機能だけでなく、夜間には、蓄電システムに蓄えた電力を駐車場の照明に利用したり、停電時には「非常用電源」としての機能も果たすことができます。福井県小浜市様の意向と当社の技術が結実し納入に至りました。当社にとって福井県高浜町様とおおい町様に続く「道の駅」への納入となりました。


開発背景
 東日本大震災以降、エネルギーの安定供給と環境保護の両立がより切実かつ急務であるという社会の意識も広がり、特に避難場所に指定された公共施設では非常時のエネルギーの安定供給が欠かせなくなっています。
 当社は環境・エネルギー分野の事業に注力しており、蓄電システム、EV用急速充電器、V2Hシステム、各種分散電源などの製品を開発し、市場に投入しております。このような多くの市場実績やその技術を融合し、自社製の蓄電システムと超小型急速充電器を中心にシステム化することで今回の「創エネ」&「蓄エネ」型防災対応EV用充電システムの製品化を実現しました。今後は道の駅をはじめ大型スーパーや学校などの施設にこのような再生可能エネルギーを利用した防災対応システムをパッケージ化して提案してまいります。


特 長
  • ●3.5kWの太陽電池と30kWの急速充電器を設置した「創エネ」&「蓄エネ」型 防災対応EV用充電システム。
  • ●7.2kWhのリチウムイオン蓄電池に、昼間、太陽電池で充電し、夜間、駐車場のLED照明(約700W)に利用。
  • ●災害停電時などに、夜間駐車場の照明に利用できる安心なシステム


主な仕様 小浜市様 納入品
EV用急速充電器 (出力容量 30kW)
蓄電システム (蓄電容量 7.2kWh)
太陽電池 (最大出力 3.5kW)


福井県小浜市 市長 松崎 晃治 様(中央)、株式会社まちづくり小浜 代表取締役社長(小浜市副市長)東 武雄 様(左)、ニチコンワカサ株式会社 工場長 小林 宏樹(右)

福井県小浜市 市長 松崎 晃治 様(中央)
株式会社まちづくり小浜 代表取締役社長(小浜市副市長)東 武雄 様(左)
ニチコンワカサ株式会社 代表取締役工場長 小林 宏樹(右)



「道の駅・若狭おばま」に設置の「創エネ」&「蓄エネ」型防災対応EV用充電システム

「道の駅・若狭おばま」に設置の
「創エネ」&「蓄エネ」型防災対応EV用充電システム



システム構成図

システム構成図

 
以 上

ページの先頭に戻る