前のページに戻る
2014年7月4日

「リチウムイオン電池式 停電補償装置」が
JECA FAIR 2014製品コンクールで
「一般社団法人日本電設工業協会 奨励賞」を受賞


ニチコン株式会社
代表取締役会長 武田 一平
京都市中京区烏丸通御池上る
TEL.075-231-8461 FAX.075-256-4158
問合せ先:広報部長 西山 昌樹

 ニチコン株式会社の「リチウムイオン電池式 停電補償装置」がJECA FAIR 2014〜第62回電設工業展〜製品コンクールにおきまして、「一般社団法人日本電設工業協会 奨励賞」を受賞いたしました。
 本コンクールは、電気設備に関連する資機材の技術力を競い合い、電気設備技術の向上と電気保安の一層の確保を図ることを目的に、一般社団法人日本電設工業協会が毎年同展示会にあわせて実施している表彰制度で、今年で62回目、45社が参加しました。

 今回、「一般社団法人日本電設工業協会 奨励賞」を受賞した「リチウムイオン電池式 停電補償装置」は、常時商用給電方式で、かつ長寿命のリチウムイオン電池を蓄電デバイスとして搭載した業界初の停電補償装置です。
 常時商用給電によって、効率98〜99%を実現、ランニングコストの低減に貢献、さらに汎用品のUPSと比べ10〜20%の消費電力低減を実現しています。長寿命のリチウムイオン電池を、劣化に配慮した制御運転することで、蓄電部の期待寿命15年を実現しました。 鉛蓄電池式UPSと比較すると、15年間で約3,100万円ものランニングコストを低減することができます。
 このほかにも、瞬低補償装置で培った高い停電補償能力や繰り返し停電への対応、エネルギー効率の高いリチウムイオン電池を採用することによる小型、軽量、省スペースなど、お客さまのニーズに応えた多くの特長を持っています。
 同製品はBCPソリューションに最適の装置であると考えております。
今回の受賞を励みに、より一層、技術の研鑽に努め、更なる電気保安の確保に向けた製品提供に全力を挙げて取り組んでまいります。

以 上


リチウムイオン電池式 停電補償装置

<リチウムイオン電池式 停電補償装置>


 

ページの先頭に戻る