EVパワー・ステーションは、3つのモデルをラインアップ

Vehicle to Home

高機能モデル 電力消費量の多いご家庭や、エネファーム等との併用におすすめのモデルです。

消費電力の大きな電気製品でも安心 トランスユニット(高機能モデルに標準装備)
片相40A(2相合計60A未満)まで給電できます。
標準モデル、アドバンスモデル品と比べて、電力会社の電気への切換え頻度が減少し、より快適にお使いいただけます。
家庭用燃料電池(エネファーム★1★2)等との併用が可能(高機能モデルのみ)
家庭用燃料電池の発電分も併せて家庭へ給電できます。★2
停電時も家庭用燃料電池で給湯が可能です。★2
  • ★1 エネファームは、東京ガス株式会社、大阪ガス株式会社、JX日鉱日石エネルギー株式会社の登録商標です。
  • ★2 接続可能機種についてはお客様相談室へお問い合わせください。
遠隔操作と運転状態を確認できる室内リモコン(高機能モデル
アドバンスモデルに標準装備★3)
ワイヤレスで室内からEVパワー・ステーションの操作や設定が可能です。
充電量、給電量、電力使用状況、過去の運転履歴等を表示できます。
  • ★3 停電時は無線ルーターが動作しないため使用できません。
計量コネクタとスリムケーブルで操作性が大幅に向上(全モデルに標準装備)
軽量コネクタにより40%の軽量化を実現。
直径19mmのスリムケーブル採用により、50%の軽量化を実現。
  • ★4 EVによっては、自動ロックに対応していない場合があります。

アドバンスモデル 節電・省エネ志向のご家庭におすすめのモデルです

標準モデル スタンダードな機能に絞ったお求めやすいモデルです。

Vehicle to Socket

コンセントモデル 事務所や施設への設置に適したモデルです。

電気自動車を非常用電源として活用できます
●企業のBCP(事業継続計画)対策に適しています。
●本体装備の防水コンセントから直接電気(AC100V)を供給できます。
●エンジン発電機に比べ動作音も静かで排気ガスが発生せず環境にやさしいシステムです。
電気自動車の充電をより快適にスピーディに行えます
●200V普通充電設備に比べ最大2倍の速さで充電が可能です。
●タイマー充電も可能ですので、夜間電力を活用することでピークシフトに貢献します。
充電設備導入費用を削減できます
●事務所等に設置する場合、Vehicle to Homeシステムに比べ、簡易な工事で設置が可能です。
  • ※ コンセントモデルは、分電盤を通じた家庭への給電できません。
  • ※ コンセントモデルはダブル発電対象外です。
  • ※ コンセントモデルの充電には200V30Aが必須となります。ブレーカー容量をオーバーした場合は、ブレーカーがOFFすることがあります。
  • ※ コンセントモデルは、インテリジェント充電(自動充電制御)機能を搭載しておりません。
  • ※ コンセントの抜き差しを頻繁に行う機器は接続しないでください。テーブルタップを接続し、コンセント1口当たり15A以上接続しないでください。

オプション EVパワー・ステーションはお客様のさまざまな設置環境に合わせてお使いいただけるよう、各種オプションをご用意しています

s
  • 製品の概要・特長
  • ラインアップ
  • 製品仕様
  • よくあるご質問
  • 関連ページ
  • カタログ/取扱説明書
  • お見積り依頼/お問い合わせ
  • 対応車種
室内リモコン