電気自動車(EV)と家族をつなぐ、世界初のV2H(Vehicle to Home)システム

V2Hシステムとは、EV(電気自動車)の大容量バッテリーから電力を取り出し、分電盤を通じて家庭の電力として使用できる仕組みをいいます。割安な夜間電力をEVに充電し、昼間はEVのバッテリーに蓄えた電力を家庭へ給電することで、家計の節約につながります。また夜間電力の活用は、電力需要のピークシフトの役割を果たし、昼間の節電にも貢献します。

★1 EV以外の車種にも使用できます。〈対応車種〉・三菱自動車工業株式会社:MiEVシリーズ、アウトランダーPHEV・トヨタ自動車株式会社:燃料電池自動車「MIRAI」(車両への充電機能をご使用いただくことはできません。) 2016年6月現在※最新情報、使用条件の詳細は当社HPでご確認ください。

暮らしがかわる1 電力のピークシフトに貢献

※各プランについては、電力会社にお問い合わせください。

夜間電力を上手に活用

  • <算出条件>
  • ※1東京電力の夜トク8を契約した場合(昼間32.14円、夜間20.78円)
    ※2関西電力の時間帯別電灯を契約した場合
    (昼間(90kWh超過230kWhまで)31.66円、夜間13.10円)2016年4月現在
  • ※EVが平日昼夜(248日)、本製品と接続されていると想定しています。
  • ※昼間使用する電力(8kWh)をEVから給電した場合。
  • ※待機電力などを含めたシステム全体の変換効率を80%として算出しています。
  • ※車両のバッテリー状態、ご家庭の電気利用に応じて異なります。電力消費が少ないご家庭では経済効果が出ない場合もありますので、事前に販売店、またはお客様相談室にご相談ください。
  • ※これは試算であり、経済効果を保証するものではありません。

暮らしがかわる2 電気自動車充電も快適に

暮らしがかわる3 電気自動車をバックアップ用電源としても活用

電気自動車(EV)の新しい活用提案

※EVの活用パターンを示すものであり、全ての時間の給電・充電を保証するものではありません。

太陽光発電の有効活用 住宅用太陽光発電を設置のお客様の場合

EVパワー・ステーションを設置されますと、ダブル発電扱いとなり、太陽光発電の売電価格が下がりますが、昼間にEVの電力を活用いただくことで、太陽光発電の有効活用 住宅用太陽光発電を設置のお客様の場合トータルの売電量が増加するため、売電収入が増える場合もあります。夜間にEVの大容量バッテリーに蓄えた電力を昼間家庭に給電することで、住宅用太陽光発電で発電した、より多くの電力を電力会社に買い取ってもらう事も期待できます★1
  • ※既に太陽光発電を設置されているご自宅へEVパワー・ステーションを併設する場合は、売電価格の見直しを含めた認定手続きが必要です。詳しくは、経済産業省資源エネルギー庁のホームページをご覧ください。
    http://www.enecho.meti.go.jp/saiene/kaitori/index.html
  • ※太陽光発電を接続する場合は、中継ボックスの系統側に接続してください。
  • ※コンセントモデルは分電盤を通じた家庭への給電はできません。
  • ★1 お客様の使い方は電気契約プランにより、経済効果が出ない場合もあります。
  • 製品の概要・特長
  • ラインアップ
  • 製品仕様
  • よくあるご質問
  • 関連ページ
  • カタログ/取扱説明書
  • お見積り依頼/お問い合わせ
  • 対応車種