PCB関連でよくあるご質問と回答(FAQ)

Q1 PCB不含証明書等を入手するにはどうすればよいですか?

A1 PCB関連文書等の依頼は、弊社CSR室にてメールで受け付けています。
下記メールアドレスまでご依頼ください。
eco@nichicon.com

メールには、下記の項目を記載してください。

  • ・文書の宛先【必須】(文書の左上に「○○御中」と入ります。)
  • ・件  名
  • ・機器名称
  • ・品番・形式【必須】
  • ・製造年【必須】
  • ・製造番号
  • ・定格容量(N1形の場合)

また、メールに銘板の写真を添付して依頼頂きますと、よりスムーズです。

  • ※「SH」式は、Self Healing(自己回復)の意味であり、油入・乾式コンデンサどちらにも適用されます。
    「SH」式だけでは判断できませんので、必ず品番をご記入ください。どうしても品番が不明の場合はご相談ください。
  • ※「N1」形は、油入・乾式コンデンサどちらにも適用されます。
    「N1」形だけでは判断できませんので、必ず品番をご記入ください。
    「N1」形で品番が無い場合は定格容量をご記入ください。

Q2 PCB不含有の機器とはどんなものですか?

A2 機器の製造年月が1990年1月以後であれば、PCB不含と判断しています。
乾式タイプ機器であれば、製造年月に関わらずPCB不含です。
アルミ電解コンデンサは、PCB不含です。

Q3 乾式タイプ機器の表示記号を教えてください。

A3 下記の表示があれば、乾式タイプ機器です。

コンデンサ BY ER EU N2形 乾式 固体
リアクトル SRBC 乾式
放電コイル DDA DDC DSR 乾式

Q4 アルミ電解コンデンサの見分け方を教えてください。

A4 下記の表示があれば、アルミ電解コンデンサです。
・極性(プラス極、マイナス極)表示
・「NEGATIVE BLACK」表示

Q5 高濃度PCB機器の表示記号を教えてください。

A5 下記の表示があれば、高濃度PCB機器です。

コンデンサ AIB DF式 HPP SAD SAT
SF SFAI SPF TCB TCS
TEB TES TPA TPB TPE
TPEI TPF TPFI

例:SF-S4、TPB-65010R

リアクトル SD SRD

Q6 微量(低濃度)PCB混入の可能性がある機器の表示記号を教えてください。

A6 下記の表示があれば、微量(低濃度)PCB混入の可能性がある機器です。

コンデンサ AB AE BC CBI CP-A
CP-C CS DCB3-66 EMP ESS
FMP FL GC HOC HOI
HPBL HPL JCP MICA MPC
NCB NCBI NCF NCFG NCSI
NEB NEF NES NESI NFB
NGB NGS NLB OB OBI
OCB OCS OMP P7 PFC
PFS PMC PSB PSN PSS
PWB RCBG RTB RTF SAC
SBBI SBF SCBI SEF SEFG
SFA その他

例:NEF-65050R、CP701A2G104K、JCP-BMW-BIAH405V、
OB-S2SG11F

リアクトル SR SR-B SRMB SRMC SRMD SRMG
放電コイル DOA DSRME DSRMZ DR DRI DRE DRT
その他機器 DCG

Q7 絶縁油の採油方法を教えてください。

A7 下記ファイルをダウンロードしてご確認ください。
コンデンサ油サンプリングマニュアル.pdf

本件に関するお問い合わせ先
ニチコン株式会社 CSR室
〒604-0845 京都市中京区烏丸通御池上る
TEL.075-241-5320 FAX.075-253-2187 
E-mail. eco@nichicon.com

【ご注意】 当社のものと偽った不審なファイルにご注意ください

当社のものと偽った不審なPCB関連ファイルがインターネット上に存在することが判明いたしました。これらの偽ファイルは、当社とは一切関係がございません。

当社のPCB関連文書の取得方法につきましては、本ページのQ1に掲載しております。
上記以外の方法で当社のPCB関連文書を取得することはできません。

ファイルの中にはコンピューターウィルスが仕組まれている可能性がありますので、
クリックされませんようご注意ください。



ページの先頭に戻る