nichicon

電力をバックアップ 瞬低補償装置 瞬時電圧低下時に電源を供給します。 瞬低とは2秒以下電圧が低下する場合

瞬低補償装置とは

  • 高い瞬低補償能力
    “瞬低”を常時監視により瞬時に検出し、補償動作を行います
    切換時間は2.0msec以下
  • 常時商用給電方式による高効率設計
    待機時は常時商用給電することにより、効率98〜99%を実現
    ランニングコストの低減に貢献します
  • 繰り返し瞬低に対応
    「0.2sec瞬低−0.2sec正常電圧」の5回繰り返し瞬低に対応しています
  • 電気二重層コンデンサ“EVerCAP®”採用により
    蓄電部15年間メンテナンスフリー
  • 瞬低のモニタリングが可能
    データ収集装置を搭載し、電力状態のモニタリングが可能です
  • 瞬低補償時間
    1秒〜15秒(オプションでその他補償時間も対応可能です。)

【導入事例】

  • 半導体工場
  • 自動車工場
  • 繊維工場
  • 樹脂加工工場
  • 電子部品工場
  • 食品工場
  • 化学プラント
  • 塗料工場
  • 建材工場
  • 砕石工場
  • 病院
  • データセンター
  • スタジアム
  • ビル
  • 店舗

▲ TOPにもどる

定常時/瞬低補償時の電力供給

商用電力を使用するので高効率な運用が可能
定常時
常時商用給電
瞬時の切替えにより、無瞬断で電圧補償
瞬低補償時
切換→瞬低補償

▲ TOPにもどる