ホーム > 製品・技術情報 > V2L
EV・PHV・FCVの電力を家電機器へ

可搬型給電器 Power Mover EV Power Station 可搬型給電器 Power Mover EV Power Station

  • 可搬
  • 簡単操作
  • 安全
  • 突然の災害による停電時の避難所の備えに
  • 企業のBCP装備品に
  • 各種イベント活動、アウトドアレジャーに

仕組み

V2L(Vehicle to Load)システムとは、電気自動車(EV)の蓄電能力、プラグインハイブリッド車(PHV)※1の
発電・蓄電能力、燃料電池車(FCV)の発電能力を活用して電気機器に電力供給を行う装置です。

※1車両仕様により使用に制限が有る場合があります。

特長

V2Lを活用することで、EV・PHV・FCVを電源にして照明や通信機器等の家電機器が使用できるため、
ライフラインが切断された非常時の安心・安全の備えにもなります。

簡単操作

  • 給電コネクタを車に接続
    先進のエコカー
    EV・FCV・PHVと接続が可能
    電動自動車用充放電システムガイドライン V2L DC版に適合
  • 開始ボタンを押す
    ボタンを押すと給電開始
  • 電気製品のプラグを本気のコンセントに差し込む
    4.5kWの出力
    1.5kWのAC100Vコンセント×3

安全、消音、無臭

トランクケースタイプ
車に収納可能、可搬性に優れる!
持ち運びも楽々!
伸縮式キャリーバー・キャスター付

同等出力の発電機よりも小型・軽量で環境負荷(排気ガス・騒音)ははるかに小さくなります。

活用シーン

非常時(災害時)の電源として
避難所での照明・通信機器・冷暖房・炊き出し等の電源用
災害対策本部での照明・通信機器などの電源用
防災拠点の備蓄品として
公共施設・企業のBCP対策
車で移動可能な場所ならどこでも電気の供給ができます。
照明・冷蔵庫、湯沸かしポットなどが4.5kW(1.5kWx3)出力までなら同時に利用できます。
野外でのイベント、催事の電源として
照明器具、音響機器、通信情報機器、屋台
工事現場、仮設電源として
発電機が使用できない
(騒音、排気ガス)現場での作業
アウトドアレジャーの電源として
キャンプ場での電源用

活用事例

台風被害による千葉県での活用事例

2019年台風15号による千葉県の広域停電で、
可搬型給電器「パワー・ムーバー」75台が館山地域を主にのべ37軒の給電にご活用いただきました。

公民館
災害時共用スペースの照明や携帯電話の充電にご活用いただきました。
高齢者施設
災害時照明や洗濯機、扇風機などへの給電にご活用いただきました。
夜間給水所
保育園
出典:日産自動車株式会社
台風被害による京都市での活用事例

京都市は2018年に発生した台風21号の影響で停電が続く右京区水尾、北区小野郷の2地域にそれぞれ市保有の燃料電池車を派遣し、電気の供給に役立てていただきました。
水尾地域には10日に派遣し、移動しながら家庭の洗濯機の稼働や給湯器の点火などに電気を供給しました。小野郷地域では北区役所小野郷出張所に証明書等発行用のコピー機などに給電するとともに、スマートフォンの充電を求める市民にも対応しました。

活用動画

トヨタ自動車株式会社様提供

トヨタ自動車株式会社様の燃料電池自動車MIRAIと、パワー・ムーバーを活用したBCP実践体験の動画をご紹介します。

補助金について

一般社団法人 次世代自動車振興センターの「災害時にも活用可能なクリーンエネルギー自動車導入事業費補助金(経済産業省補助金)」「再エネ電力と電気自動車や燃料電池自動車等を活用したゼロカーボン ライフ・ワークスタイル先行導入モデル事業(環境省補助金)」が適用されます。
詳しくはこちらをご覧ください。

主な仕様

型番
VPS-4C1A
本体形状
トランクケース型
外形寸法
W631×D500×H305(mm)
質量
38kg
希望小売価格(税抜)
\650,000
出力電源
AC 100V
最大出力
4.5kW(1.5kW × 3):力率100%時
出力端子
AC100V コンセント 3個
ケーブル長
2.0m
適合規格
電動自動車用充放電システムガイドライン V2L DC版
対応車種
日産自動車(株)様
リーフ、e-NV200
三菱自動車工業(株)様
エクリプス クロス (PHEVモデル)、アウトランダー PHEV、MiEVシリーズ
本田技研工業(株)様
CLARITY FUEL CELL、CLARITY PHEV、Honda e
トヨタ自動車(株)様
MIRAI、プリウスPHV(CHAdeMO放電対応車)

上記仕様は変更となる場合があります。
対応車種はいずれも上記ガイドラインに準拠した車種に限ります。
また、車両仕様により使用に制限が有る場合があります。
一部の車両ではソフトウェアのバージョンアップが必要になる場合があります。
詳しくは自動車販売店にお問い合わせください。

安全に関するご注意

  • ご使用の前に「取扱説明書」をよくお読みください
  • 人工呼吸器、人工透析器などの生命にかわる医療用機器は、接続しないでください。
  • ペースメーカ、ICDなどの医療用電気機器を使用している方の近くでは使用しないでください。
  • 引火性ガスや可燃物の近くでは使用しないでください。
  • 濡れた手で放電コネクタや電源プラグの抜き差しをしたり、コンセント部に触れたりしないでください。
商品についてのお問い合わせ先
お客様相談室 TEL.0120-215-023(フリーダイヤル)
受付時間:月曜日~金曜日 午前9時~午後5時(土・日・祝日・休業日は除く)

製品カタログはこちらからダウンロードしてください。

ダウンロード

取扱説明書はこちらからダウンロードしてください。

ダウンロード