ホーム > ニチコンの家庭用蓄電システム > 製品一覧 > トライブリッド蓄電システム > 【V2Hスタンド】対応車種一覧

【V2Hスタンド】対応車種一覧

V2Hスタンドをご使用になる前に、必ず接続車両の取扱説明書をご確認ください。
充放電時間帯は、車両側でも各種システム(バッテリー保護機能等)を動作させるために、最大数百Wの電力を消費する場合があります。

V2H対応車種一覧に掲載されている車種でも、V2Hスタンドのソフトウエアのバージョンにより、
V2Hスタンド購入後に発売された車種が接続できない場合があります。
接続可否につきましては、お問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせ時には、パワーコンディショナの製造番号を明記ください。
保証書あるいは室内リモコンにて「家アイコン」⇒「各種設定/グラフ」⇒「登録情報」とタッチして
いただき、2/4ページ目を参照ください。


上記接続できない場合でも、V2H対応車種一覧に掲載されている車種は、V2Hスタンドのソフトウェアを
バージョンアップ(有償)することで接続可能となりますので、V2Hスタンドをご購入された販売店に
ご相談ください。

日産自動車株式会社

メーカー 日産自動車株式会社※5
車名 リーフ ※1、※2、リーフe+ e-NV200 アリア サクラ
種別 EV
総電力量※3
(電池容量)
60kWh/62kWh/40kWh/30kWh/24kWh 40kWh/24kWh 66kWh/91kWh 20kWh
年式 全年式 全年式 全年式 全年式
充電上限※4 100%未満 100%未満 100%未満 100%未満
放電下限 約10% 約10% 約10% 約10%

※1 対応車種の中でも車両側のプログラムを変更する必要がある車両があります。
車両のプログラム変更に関しては、車両販売店へお問い合わせください。

※2 日産自動車株式会社の放電非対応EVは本システムを使用できません。放電非対応EVに充電した場合、充電が正常に動作せず、
車両にコーションが残る可能性があります。

※3 総電力量はV2Hスタンド接続時の実使用可能容量とは異なります。

※4 車両充電上限値近くまで使用可能です。

※5 日産自動車株式会社のEV とV2H スタンドの充放電コネクタを接続した状態で「リモート充電」や「乗る前エアコン」などの
「EV-IT」または「NissanConnect」の機能は使用しないでください。
EV および本システムの機能が正常に動作しません。

お車に関するお問い合わせ先

日産自動車株式会社

三菱自動車工業株式会社

メーカー 三菱自動車工業株式会社
車名*1、*2 eKクロスEV エクリプスクロス
(PHEVモデル)
*4、*5
アウトランダーPHEV*4、*5 i-MiEV*4
(アイ・ミーブ)
MINICAB-MiEV
VAN*4
(ミニキャブ・ミーブ バン)
MINICAB-MiEV
TRUCK*4
(ミニキャブ・ミーブ トラック)
種別 EV PHEV EV
総電力量*3
(電池容量)
20kWh 13.8kWh 12kWh / 13年式~18年式 20kWh*10 16kWh/10.5kWh 16kWh/10.5kWh 10.5kWh
13.8kWh / 19年式*9以降
年式 全年式 全年式 13年式*8 14~18年式 19年式以降 22年式以降 10年式*6 10年式除く 全年式 全年式
充電上限 100%未満 100%未満 95%未満 95%未満 100%未満 94%未満 95%未満*7 95%未満 95%未満 95%未満
放電下限 約10% 約20% 約40% 約20% 約20% 約4% 約30% 約30% 約30% 約30%

*1 対応車種の中でも車両側のプログラムを変更する必要がある車両があります。
車両のプログラム変更に関しては、車両販売店へお問い合わせください。

*2 放電に対応していない車種は、本システムの放電機能を使用できません。

*3 総電力量はV2Hスタンド接続時の実使用可能容量とは異なります。

*4 ①急速充電口が付いていない車両では、V2Hによる充電・放電はできません。
②駆動用バッテリーの容量維持のため、できる限り2週間に1回程度は普通充電で満充電してください。
③MiEVリモート、もしくは三菱リモートコントロールのうち「タイマー充電」と「プレ空調」はご使用になることができません。

*5 「アウトランダーPHEV」および「エクリプスクロス(PHEVモデル)」は、エンジンがかかった状態もしくはイグニッションONの状態ではV2Hスタンドによる充電・放電はできません。

*6 「i-MiEV」の10年式は車体番号が「HA3W-00」で始まる車両です。

*7 使用環境により、95%を下回る場合があります。

*8 「アウトランダーPHEV」の13年式は車体番号が「GG2W-00」で始まる車両です。

*9 「アウトランダーPHEV」の19年式は車体番号が「GG3W」で始まる車両です。

*10 「アウトランダー PHEV」の22年式は車体番号が「5LA GN0W」で始まる車両です。
22年式から停電時に放電を開始する場合は急速充電口にコネクタを差し込み、車両側の『今すぐ充電スイッチ』を長押ししてV2Hへ
電源供給を行って下さい。この際、V2Hスタンド付属の12V電源ケーブルは使わないで下さい。

お車に関するお問い合わせ先

三菱自動車工業株式会社

トヨタ自動車株式会社

メーカー トヨタ自動車株式会社★1
ブランド TOYOTA LEXUS
車名 プリウスPHV★2 bZ4X クラウンSPORT RS レクサス RZ450e レクサス UX300e
種別 PHV EV PHEV EV EV
総電力量
(電池容量)★3
8.8kWh★4 71.4kWh 18.1kWh 71.4kWh 72.8kWh
年式 19年式〜22年式 全年式 全年式 全年式 23年式★9
充電上限 約100% 約100%★6 約100% 約100%★6 約100%★6
放電下限 約0%★5 約10%〜30%★7,★8 約1%★5 約10%〜30%★7,★8 約30%★7,★8

★1 トヨタ自動車株式会社の燃料電池自動車「MIRAI」では、本システムをご使用になれません。

★2 放電対応車種以外は、本システムをご使用になれません。
2023年3月発売のプリウスPHEVはCHAdeMO放電非対応車となるため、V2Hはご利用いただけません。
2019年5月~2022年10月生産の「乗車定員5名の車両」が対象です。
急速充電インレット(外部給電機能[V2H]付)はオプション装備です。詳しくは、自動車販売店にご確認ください。
「プリウスPHV」は、エンジンがかかった状態ではV2Hスタンドによる充電・放電はできません。

★3 総電力量はV2Hスタンド接続時の実使用可能容量とは異なります。

★4 総電力量(電池容量)が10kWh未満の車両をご利用時には、タイマー動作時の充放電時間の合計時間が12時間となります。

★5 V2Hスタンドは、車両の蓄電池残量が10%に達すると、自動的に車両との通信を遮断し、車両側の消費電力を抑制します。

★6 充電の上限を100%未満に設定する場合は、本システムの「充電上限設定」をご利用ください。
その際、車両側の『充電量上限設定機能』は ”Full” でご利用ください。

★7 使用環境により変化します。

★8 車両の蓄電池残量が放電下限付近まで低下すると、コネクタロックを解除することがあります。
グリーンモードなど自動運転モードをご利用の際は、本システムの車両放電下限値の設定を30%以上にしてご使用ください。

★9 V2H対応車両(発売日が2023年3月30日)が対象となります。

お車に関するお問い合わせ先

トヨタ自動車株式会社 お客様相談センター 0800-700-7700 9:00~18:00(365日)

レクサスインフォメーションデスク 0800-500-5577 9:00~18:00(365日)

株式会社SUBARU

メーカー 株式会社SUBARU
車名 SOLTERRA
種別 EV
総電力量
(電池容量)■1
71.4kWh
充電上限 約100%■2
放電下限 約10%〜30%■3,■4

■1 総電力量はV2Hスタンド接続時の実使用可能容量とは異なります。

■2 充電の上限を100%未満に設定する場合は、本システムの「充電上限設定」をご利用ください。
その際、SOLTERRAの『充電量上限設定機能』は ”Full” でご利用ください。

■3 使用環境により変化します。

■4 車両の蓄電池残量が放電下限付近まで低下すると、コネクタロックを解除することがあります。
グリーンモードなど自動運転モードをご利用の際は、本システムの車両放電下限値の設定を30%以上にしてご使用ください。

お車に関するお問い合わせ先

株式会社SUBARU

Hyundai Motor Company

Hyundai Mobility Japanとの協議により、IONIQ 5の掲載を見合わせております。
詳細につきましてはHyundai Mobility Japanまでお問い合わせください。

お問い合わせ先:Hyundaiカスタマーセンター
電話 0120-600-066 
平日9:00~18:00(定休日:土/日、祝休日)
メールアドレス:hyundaisupport@cc.hyundaijapan.com

BYD Auto Japan株式会社

メーカー BYD Auto Co., Ltd. BYD Auto Industry Company Limited
輸入者 BYD Auto Japan株式会社
車名 BYD ATTO 3 BYD DOLPHIN BYD DOLPHIN
Long Range
種別 EV EV EV
総電力量
(電池容量)◇1
58.56kWh 44.9kWh 58.56kWh
充電上限 約100% 約100% 約100%
放電下限 約15% 約15% 約15%

◇1 総電力量はV2Hスタンド接続時の実使用可能容量とは異なります。

お車に関するお問い合わせ先

BYD Auto Japan株式会社

本田技研工業株式会社

メーカー 本田技研工業株式会社
車名 Honda e
種別 EV
総電力量
(電池容量)☆1
35.5kWh
充電上限 約96%
放電下限 約15%☆2

☆1 総電力量はV2Hスタンド接続時の実使用可能容量とは異なります。

☆2 ESS-T1/T2シリーズは、車両の蓄電池残量が放電下限付近まで低下すると、コネクタロックを解除することがあります。
グリーンモードなど自動運転モードをご利用の際は、本システムの車両放電下限値の設定を20%以上にしてご使用ください。

お車に関するお問い合わせ先

Honda お客様相談センター 0120-112010 受付時間9時~12時/13時~17時

マツダ株式会社

メーカー マツダ株式会社
車名 MAZDA MX-30 EV MODEL MAZDA CX-60 PHEV
種別 EV PHEV
総電力量
(電池容量)◆1
35.5kWh 17.8kWh
年式 22年式〜◆2 22年式〜
充電上限 100%未満 100%未満
放電下限 約10% 約0%

◆1 総電力量はマツダ株式会社様より。V2Hスタンド接続時の実使用可能容量とは異なります。

◆2 V2H対応車両(車台番号DRH3P-150002 ~)が対象となります。それ以前の車台番号の対応については、
下記EV専用ダイヤルにお問合せください。

お車に関するお問い合わせ先

EV専用ダイヤル(MX-30EVについてはこちらにお問合せください)
TEL:0120-185-533

マツダコールセンター(CX-60PHEVについてはこちらにお問合せください)
TEL:0120-386-919

ご愛用車のお問合せには、車検証をご準備いただくと受付がスムーズに行えます。
【受付時間】
平日:9:00~17:00
土日祝:9:00~12:00 13:00~17:00

マツダ オフィシャルウェブサイト


【ご注意事項】
上記の内容は、2024年1月現在の内容です。

予告

【V2Hスタンド】対応予定車種 <現在機能追加中>

Mercedes-Benz

対応予定車種の下記MP☆4 については手動充電のみ可能です。
放電を含む自動運転に関しては現在機能追加を進めております。
機能追加にて接続試験に合格し、メーカーと合意したのち正式に対応車種一覧に掲載いたします。

メーカー Mercedes-Benz
輸入者 メルセデス・ベンツ合同会社
車名 EQS☆1,2 EQS SUV☆2 EQE☆1,2 EQE SUV☆2
種別 EV EV EV EV
総電力量
(電池容量)☆3
107.8kWh 107.8kWh 90.6kWh 89.0kWh/90.6kWh
対象MP☆4 MP202302以降 全MP MP202302以降 全MP
充電上限 約100%☆5 約100%☆5 約100%☆5 約100%☆5
放電下限 約10% 約10% 約10% 約10%

☆1 2022年式のEQS、EQEは現在、本システムをご利用できません。

☆2 放電電力量が非常に小さい場合に、停止することがあります。
そのため、グリーンモードなど自動運転モードでの継続的なご利用ができません。手動充電のご利用は可能です。

☆3 総電力量はV2Hスタンド接続時の実使用可能容量とは異なります。

☆4 MPとはメルセデス・ベンツ日本にて使用しているモデル識別コードになります。

☆5 充電量が車両の充電上限設定値に達していると放電を行わない場合があります。

☆1,☆2,☆5 に関して
本システム(ESS-T3シリーズ)の対応プログラムについては、2024年春頃にアップデートを予定しておりますが、
接続試験に合格し、メーカーと合意したのち正式に対応車種一覧に掲載いたします。

お車に関するお問い合わせ先

メルセデス・ベンツ合同会社