ユーザーサポート

メンテナンスモード自動運転のお知らせ

メンテナンスモード

取扱説明書に掲載されているように、本蓄電システムでは、春と秋の年2回、蓄電池の「充電可能容量」の精密測定のために、メンテナンスモードを自動で運転します。

このメンテナンスモード運転中は、経済モードやグリーンモードなどの通常の運転モードと異なる充電・放電方法(100%まで充電し、0%まで放電)を行いますが、機器の安全性には影響を及ぼしません。その間、リモコン表示は下記のようになります。

リモコン表示

なお、放電時間は、ご家庭での電気使用量に依存しますので、1日で0%まで放電出来ない場合は、設定された充電時間になっても充電せずに、0%まで放電し続けます。

非常時安心設定を30〜70%に設定している場合でも、メンテナンスモード運転の際は、0%まで放電します。

蓄電ユニットのシリアル番号と実施日

メンテナンスモードの実施日は、蓄電ユニットのシリアル番号によって決まっています。

シリアル番号の確認方法

室内リモコンの基本運転画面の「参照情報」を押すと表示されます。
シリアル番号の確認方法

メンテナンスモードの実行日

  • シリアル番号の末尾が奇数の製品は、3月と9月の下記の日付に自動的に実施します。
  • シリアル番号の末尾が偶数の製品は、4月と10月の下記の日付に自動的に実施します。
シリアル番号
末尾数字(奇数)
春の実施日秋の実施日
3月1日9月1日
3月3日9月3日
3月5日9月5日
3月7日9月7日
3月9日9月9日
シリアル番号
末尾数字(偶数)
春の実施日秋の実施日
4月2日10月2日
4月4日10月4日
4月6日10月6日
4月8日10月8日
4月10日10月10日

メンテナンスモードの実行日がずれる場合

  • メンテナンス・モードは、停電時や外気温が10℃以下の場合には、一旦中断し、
    翌日以降に実行する事がありますが、通常動作している限り異常ではありませんので、
    ご安心ください。
    但し、BC097(メンテナンス・モード)以外の点検コードが表示されている場合は、
    販売元にご連絡ください。
戻る