EVパワー・
ステーションとは

ABOUT

世界初のV2Hシステムを開発したリーディングカンパニー

ニチコンは、V2Hシステムを世界で初めて開発し、2012年に市場導入したリーディングカンパニーです。
お客さまへさらなる価値を提供するため、約7年間の研究開発を経て、
2019年に技術を結集した高機能で低価格の「EVパワー・ステーション」を発売します。

EVパワー・ステーションのおトクで安心 3つのメリット

  • 高機能で低価格の
    V2Hを実現

    希望小売価格(消費税別)

    39.8万円~

    ※別途工事費が必要です。

  • ご家庭に合わせた運転で
    電気料金を低減

    安い夜間電力や
    太陽光発電を有効活用!

    家庭の状況と運転方法で効果が異なります。

    オススメの使い方はこちらをご確認ください

  • 停電時にEV/PHVを
    バックアップ電源として活用

    一般のご家庭電力

    3日分

    ※リーフ 40kWhモデルの場合

    ※算出条件はこちら

高機能で低価格のV2Hシステムを実現

  • V2Hシステムのリーディングカンパニーであるニチコンが、系統連系型V2Hシステムの高機能はそのままに、低価格を実現する「EVパワー・ステーション」を使い方に合わせた2モデルをラインアップ。

    ※V2Hシステムとは、EV/PHVの大容量バッテリーから電力を取り出し、分電盤を通じて家庭の電力として使用できる仕組みを言います。

  • 希望小売価格

    398,000(税抜)

    ※別途工事費が必要です。

  • 希望小売価格

    448,000(税抜)

    ※別途工事費が必要です。

  • 希望小売価格

    798,000(税抜)

    ※別途工事費が必要です。

家庭の状況にあわせた運転で電気料金を低減

安い夜間電力や余った太陽光発電電力をEV/PHVに充電し、電力消費の多い時間帯に使うことで電気料金を抑えることができます。 タイマー予約機能であらかじめ運転モードを設定できるのでご家庭の状況にあった使い方が可能です。
電気料金を低減するオススメの使い方の一例をご紹介します。ご家庭での消費以外に安い夜間電力や余った太陽光発電電力を使ってEV/PHVを走らせることもできます。

  • 夜に充電、昼は家で使う

  • 余った太陽光発電電力を自家消費

ご家庭の状況に合わせたオススメの使い方をご紹介!

オススメの使い方
ご家庭の状況 太陽光発電設置の有無 太陽光なし 太陽光あり 太陽光あり 太陽光あり
FITの状況 FIT期間終了 FIT期間終了 FIT期間中
電気契約 時間帯別 通常 時間帯別 時間帯別

※夜23時~翌朝7時の電気料金が安い電気契約を想定しています。

オススメの使い方

  • ・電気料金の安い時間帯に充電
  • ・消費電力の多い時間帯に放電

※気象条件によって太陽光発電量が変わります。
※太陽光発電電力が足りない時は夜間に充電するか、放電時間を調整ください。

オススメの使い方

  • ・昼間は余った太陽光発電を充電
  • ・消費電力の多い時間帯に放電
  • [昼間はグリーンモードがオススメ]

※グリーンモード:太陽光発電の余剰電力が大きいときにEV/PHVに充電します。放電はしません。

※夜23時~翌朝7時の電気料金が安い電気契約を想定しています。
※気象条件によって太陽光発電量が変わります。
※PV余剰充電設定はON

オススメの使い方

  • ・昼間は余った太陽光発電を充電
  • ・消費電力の多い時間帯に放電
  • ・太陽光発電が足りない時は電気料金の安い時間帯に充電
  • [PV余剰充電設定はONに設定ください]

PV余剰充電設定とは:太陽光発電(PV)の余剰電力が発生したときに、売電せずに車両に充電するように自動的に切り替える設定です。
・ONの場合:太陽光発電(PV)の余剰電力をEV/PHVに充電します。
・OFFの場合:太陽光発電(PV)の余剰電力を売電します。

※夜23時~翌朝7時の電気料金が安い電気契約を想定しています。
※気象条件によって太陽光発電量が変わります。
※PV余剰充電設定はOFF

オススメの使い方

  • ・昼間は余った太陽光発電を充電
  • ・消費電力の多い時間帯に放電
  • ・昼間は太陽光発電を積極的に売電
  • [PV余剰充電設定はOFFに設定ください]

PV余剰充電設定とは:太陽光発電(PV)の余剰電力が発生したときに、売電せずに車両に充電するように自動的に切り替える設定です。
・ONの場合:太陽光発電(PV)の余剰電力をEV/PHVに充電します。
・OFFの場合:太陽光発電(PV)の余剰電力を売電します。

効果的な使い方

  • ・消費電力の多い時間帯に放電いただくとより効果的です。
  • ・太陽光発電電力の余剰が十分ある時間帯に充電いただくとより効果的です。
注意事項
  • 1 上記グラフはイメージです。
  • 2 EV/PHVが接続されていることを想定しています。
  • 3 気象や季節などの状況に応じて太陽光発電量やご家庭の消費電力が変わります。
  • 4 経済効果を保証するもではありません。
    消費電力が少ないご家庭では経済効果が出ない場合もあります。
  • 停電時はEV/PHVからの電力を使用

    万が一の停電時は、EV/PHVに蓄えた電力を家庭で使うことができます。また太陽光発電が稼動している場合は、家庭で消費した余剰電力をEV/PHVに充電※することができます。※プレミアムモデルのみ対応

    停電時にEV/PHVの電力を使用した場合(40kWhの場合)

    一般家庭 約3日分の電力をまかなえる

    平均的な家庭に置ける試算値であり、保証値ではありません。

    1. 夜間等の太陽光発電が稼働していない場合、EVPSから給電
    2. 太陽光が稼働していれば
      1. 1家庭に給電
      2. 2余っていればEV/PHVに充電※プレミアムモデルのみ

停電時に使用できる家電・使用時間のめやす

  • 停電時に使用できる家電・使用時間の目安(40kWhリーフの80%を使用)
                スタンダードモデル プレミアムモデル
    リビング用LEDシーリング照明 100W 100W
    冷蔵庫 120W 120W
    液晶テレビ 170W 170W
    ノートパソコン、ルーターなど 30W 30W
    スマートフォン充電器2台 10W 10W
    200Vエアコン※1             750W
    合計 430W 1180W
    使用可能時間 74時間(約3日) 27時間(約1日)

    平均的な家庭における試算値であり、保証値ではありません。

    • ※1スタンダードモデルでは停電時に200V機器を使用できません。100Vエアコンであれば使用できます。

シチュエーション別機能比較

シチュエーション できること 対応モデル
太陽光発電 電力会社
あり 供給中 通常時、太陽光発電の余剰電力をEV/PHVに充電する。 プレミアムモデル
スタンダードモデル
通常時、太陽光発電を売電優先にする。
通常時、太陽光発電の余剰電力をEV/PHVに充電・家庭に放電(給電)する。
停電中 停電時、太陽光発電電力を家庭で使う。
また、太陽光発電の余剰電力をEV/PHVに充電する。
プレミアムモデル
あり/なし 停電時にEV/PHVから家庭に放電(給電)する。 プレミアムモデル
スタンダードモデル

補助金

一般社団法人 次世代自動車振興センターの「災害時にも活用可能なクリーンエネルギー自動車導入事業費補助金(経済産業省補助金)」「再エネ電力と電気自動車や燃料電池自動車等を活用したゼロカーボン ライフ・ワークスタイル先行導入モデル事業(環境省補助金)」が適用されます。
詳しくはこちらをご覧ください。