ホーム > 製品・技術情報 > ニチコンの家庭用蓄電システム > 蓄電システムのあるくらし > ユーザーズボイス

蓄電システムを実際に導入されている
お客さまの声をご紹介します
ユーザーズボイス

太陽光発電システムの購入を決めた時から
蓄電システムも一緒に導入しようと決めていました。

秋田県・3人家族

自分の家で発電をするなら、なるべく自分で使いたいじゃないですか。地球温暖化の話はあんまり聞かなくなりましたけど、CO2 を出さないためには、自分でエネルギーを生み出すのが一番早い。だから、自宅に太陽光パネルを付けるなら、蓄電システムももちろん付けようと決めていました。今は、ほとんど電気は購入せずに、自給自足の暮らしができています。電力会社から買う電気代が下がったのもそうですが、発電量が目に見えるのはとても面白いですよ。エコな暮らしをしているんだという満足感というか。もう手放せないですね。

震災の経験から生まれたエネルギーの自給意識。
もしものときに必要なのは電気だ!とわかりました。

熊本県・4人家族

熊本地震の時、うちは3日間停電が続きました。子どもはまだ小さく夜の暗闇をこわがっていましたし、スマートフォンの充電も切れてしまい実家の母親とも連絡が取れずどうしたらいいか分かりませんでした。そんな中、近所の方が充電をさせてくれることになりました。そのお宅には蓄電システムが設置されており、停電中でも電気が使えたのです。食料や着替えも大事ですが、電気は盲点。その大切さがよくわかりました。震災の後すぐに蓄電システムを設置してもらいましたが、万が一のときにも安心できる暮らしを手に入れられたのは大きいですね。

電気代を安く抑えたくて太陽光発電を導入したのに電気料金が値上がり?!
私が選んだのは「なるべく電気を買わない」という選択でした。

熊本県・2人暮らし

もともと太陽光発電システムを導入したのは、余った電気を高く買ってもらうと経済的におトクになると思ったからです。しかし、良く晴れた日にも夜の間は発電できないので電気を買う暮らし。さらに電気料金が将来値上がりするかも?という話を聞き、本当におトクなのか?と考え始めました。そんなとき蓄電システムの存在を知り、これからどんどん上がるであろう電気料金に不安を感じながら暮らすより、なるべく電気を買わずに暮らそうと、導入を決めました。

電気自動車を買うなら自宅で発電した電気で!
太陽光で走るクルマに、とても満足しています。

東京都・3人家族

電気自動車を購入するときに、蓄電システムも設置しました。せっかくエコな自動車に乗り替えるのだから、その燃料もエコなものを使いたい。そう考えたのです。 普段は、日中は家に誰もいないので、太陽光で発電した電気はほとんど蓄電システムに蓄え、夜の間に電気自動車に充電しています。太陽光というエコな燃料で走るのは気持ちがいいですし、燃料費も節約できて最高ですね。これから電気自動車はどんどん増えていくと思いますが、ぜひ蓄電システムとセットで入れて、この暮らしを体験して欲しいです。

蓄電システムで節約効果が大幅アップ!
停電時の安心も手に入れて大満足です。

兵庫県・4人家族

阪神淡路大震災のときに停電があり、電気が使えないことの不便さを経験していたので、家を建てる際には太陽光発電や蓄電システムを導入しようと決めていました。購入してからまだ停電などは起こっていませんが、もし起きても電気を蓄えてあるから大丈夫だという安心感があります。
深夜に購入した電気を蓄えておいて日中に使えるから、かなりおトクに電気を使えています。以前は月に15,000円ほどだった電気代が、今では9,000円までダウンしました。
迷っている方がいたら「迷わず導入した方がいいぞ!」と言いたいです。電気代が安くなったのはもちろんなのですが、それ以上に停電時の安心を手に入れられました。

「熊本地震」の停電で効果を発揮!
自宅に人が集まり、近所の発電所のようになりました。

熊本県・4人家族

2011年の東日本大震災のニュースを見て、「家族のためにも防災をしっかりしなければならない」と導入を決めました。
導入して本当に良かったですね。熊本地震の際に、我が家の蓄電システムが大活躍したんです。この辺の地域は地震直後から停電、復旧までかなりの時間がかかりました。その中でうちは停電中も電気が使えましたから、テレビやパソコンで情報を得るのに非常に役立ちましたし、冷蔵庫がいつものように使えたので生ものや冷凍食品も買えました。「携帯電話が充電できたので遠方の家族と連絡が取れた」と言ってもらったのは嬉しかったですね。うちが情報発信の拠点のようになって、あのとき設置を決めて本当に良かったと心から思いました。

.