ホーム > 製品・技術情報 > ニチコンの家庭用蓄電システム > Q&A

よくある質問 Q&A

8.0/4.0kWh トライブリッド蓄電システム
ESS-T1/T2

製品仕様

  • 太陽光設置時、「ダブル発電」の扱いになりますか。

    トライブリッド蓄電システムは押上げ無しのシステムであるため、蓄電システムと太陽光発電システムの組み合わせではダブル発電とはなりません。

  • 運転動作の「グリーンモード」と「経済モード」の違いは何ですか。

    グリーンモードは太陽光で発電し、家庭内で使用した電力の余剰分を蓄電システムに充電することで、自給自足に近づけた使い方となるモードです。
    経済モードは太陽光で発電した電力の余剰分をすべて売電するエコノミーなモードです。

  • 「ESS-T1」と「ESS-T2」の違いは何ですか。

    「ESS-T1」トライブリッドパワコン内に太陽光パワコンを内蔵しており、「ESS-T2」は太陽光パワコンは内蔵していません。

  • オプション品はどんなものがありますか。

    当社ホームページの「オプションについてはこちら」をご覧ください。

  • V2Hスタンドの充放電コネクタケーブルの長さはどれくらいですか。
    また、設置後にケーブルの長さを変更することはできますか。

    7.5mです。
    長さは変更できません。

  • 「他の蓄電システム」に、「V2Hスタンド」を増設できますか。

    できません。

  • 「他の電気自動車充電器」に、「V2Hスタンド」を増設できますか。

    できません。

  • 「他の電気自動車充電器」に、「トライブリッド蓄電システム」を接続できますか。

    できません。

  • 「トライブリッド蓄電システムのトライブリッドパワコンと蓄電池」に、「V2Hスタンド」を増設できますか。

    可能です。

  • 「ニチコンの蓄電システム」に「トライブリッド蓄電システム」を併設できますか。

    できません。

  • 「電気自動車なし」でも、「トライブリッド蓄電システム」が設置できますか。

    トライブリッド蓄電システムは通常の蓄電システムとしてご利用いただくことも可能です。また電気自動車を購入された方が、あとからV2Hスタンドを増設することも可能です。

  • 後から電気自動車・PHVを購入した場合、運転前に初期設定などありますか。

    施工会社による接続および試運転が必要です。

  • 接続ができない電化製品などはありますか。(防犯機器・生命維持装置など)

    非常用の回路には、生命に関わる機器、録画機器等瞬断すると困る機器、突入電流が大きな機器等100V対応でも接続できない機器があります。

  • 新築、既築の住宅とも設置できますか。

    新築、既築ともに設置できます。

  • 太陽光を設置していない家にも設置可能ですか。

    設置は可能ですが、節電などの効果を引き出すためには太陽光発電も設置されることをおすすめいたします。

  • ニチコン製V2H(EVパワー・ステーション)が設置されているが、連結することは可能ですか。

    V2Hシステム(EVパワー・ステーション)との連係はできません。
    型番:VCG-663CN3、VCG-663CN7、VCG-666CN7、ZHTP1900R、ZHTP1900RL、ZHTP1580R、ZHTP1700R

  • 一般住宅では無く、マンションの管理室、病院、介護施設、法人事業所への導入は可能ですか。

    販売店へご相談ください。
    一般住宅以外に設置した場合は、長期無償保証の対象になりませんのでご注意ください。

  • 従来機と同様に戸建以外の場合は保証が下りないでしょうか。
    保証が無くても設置は可能ですか。

    一般住宅以外に設置した場合は、長期無償保証の対象になりませんのでご注意ください。

  • トライブリッドパワコンを「屋内」に設置することはできますか。

    できません。

  • 最大出力は何kWですか。
    また、通常時と停電時は違いますか。

    通常時で最大5.9 kWです。
    停電時は、太陽光発電システムからの発電が十分にある、またはV2Hスタンドを通じて電気自動車からの放電を行うことができる場合で、最大3kVAとなります。蓄電池ユニットしか利用できない場合は、最大2kVAとなります。1.5kWを目安に接続してください。

  • 蓄電池容量は、全て使用できますか。

    非常時安心設定を「OFF」にしていれば、全て利用可能です。

  • 1回の蓄電池への充電にどのくらい時間がかかりますか。

    お客さまの電力契約、充電時のご家庭内電力消費の状況、設置環境温度にもよりますが
    4kWhの蓄電池ユニットをご利用の場合、2時間強となります。

  • 蓄電システムは200Vに対応していますか。

    単相3線200Vで連系しますが、非常時も使える回路は100V対応となります。

  • 動作中の騒音レベルはどのくらいですか。

    トライブリッドパワコンとV2Hスタンドは、40dB以下となっており、図書館と同等レベルの静かさです。
    室内に設置する蓄電池ユニットは、さらに静かです。

  • 製品からノイズ等は出ませんか?
    その他、何か影響を受けるものはありませんか。

    VCCI クラスBに準拠しており、通常の家電製品並みのノイズ対策がされておりますが、ラジオ等の製品に近づけるとラジオ側でノイズの発生など影響を受ける場合があります。

    VCCIは「機器自身が放射する電磁波をある一定以下のレベルに抑えることで取得できる規格」です。家庭環境・住宅環境で使用する情報処理装置に適用される規格を「VCCI クラスB」としています。

  • 蓄電池のサイクル寿命を教えて下さい。

    サイクル寿命は公表しておりませんが、製品として10年間無償保証と50%以上の容量保証をしております。

  • 出力制御対応地域へも対応できますか。

    本製品は出力制御にも対応しております。ただしインターネット接続がない場合は、有償のサービス費用が必要になることがあります。

  • 電気自動車、HV、PHV どの車種でも使えますか。

    主な日本メーカーの電気自動車に対応予定です。
    日産自動車株式会社様:旧/新リーフ
    三菱自動車工業株式会社様:i-MiEV,MiNiCAB-MiEV,アウトランダーPHEV
    トヨタ自動車株式会社様:プリウスPHVなど
    詳しくは弊社ホームページをご覧ください

  • エレムーブとは何ですか。

    蓄電池に貯めた電気を電気自動車に移動すること、または電気自動車の電気を蓄電池に充電(移動)することを「エレムーブ」と言います。

  • 法定耐用年数は何年ですか。

    昨年までの補助金交付要綱であった6年に対応しています。

  • 「V2Hスタンド」の充電出力は何kWですか。

    充電出力は、電気自動車の電池電圧によって異なりますが、5kWから6kWです。

  • 「V2Hスタンド」で充電した場合の充電完了時間はどれくらいですか。

    電気自動車の蓄電池容量、バッテリーの残量により異なります。
    V2Hスタンドは普通充電の倍速で充電できます。
    40kWhの蓄電容量である電気自動車の場合、約8時間です。

  • 「V2Hスタンド」で充電する場合、タイマー充電など時間指定はできますか。

    できます。

  • 電気自動車への充電が完了した場合、通知はありますか。
    充電が完了したことはどうやって確認することができますか。

    通知はありません。
    リモコンの電気自動車アイコンの横に表示する残量で判断してください。

  • 「電気自動車」から「家庭内」への給電機能はありますか。

    対応車種であれば、電気自動車からV2Hスタンドを介して、家庭内に電力を供給できます。
    対応車種につきましては、弊社ホームページをご確認ください。

  • 「電気自動車」から「家庭内」へ給電すると同時に、「蓄電池」に貯められた「電力」も家庭内に給電することは可能ですか。

    可能です。
    最大5.9kWの範囲で電気自動車と蓄電池両方の電力を合わせて家庭に給電することができます。

  • 系統から電気自動車への充電と、蓄電池への充電は同時に行えますか。

    同時に充電することはできません。
    優先順位を決めて、どちらかの充電が完了した後に、もう片方を充電してください。

  • 系統から蓄電池への充電と、電気自動車から家庭内への給電は同時に行えますか。

    できません。

  • 太陽光発電システムは、どこのメーカーのものと接続が可能ですか。

    国内外の主要太陽光メーカーであれば、入力仕様を遵守いただければ接続可能です。
    ただし太陽光パネルの保証につきましては、販売店にご確認ください。

  • 太陽光パネルは最大容量いくらまで接続できますか。

    最大6.6kWの太陽光パネル(過積載は最大7.8kW)まで直接接続できます。
    なお外部太陽光パワコンと併設することで合計最大14kWまで接続できます。

  • トライブリッド蓄電システムに接続する太陽光パネルは、保証してもらえますか。

    太陽光パネルの保証につきましては弊社では保証しておりません、販売店へご相談ください。

  • 「太陽光発電システム」から「電気自動車へ充電」できますか。

    可能です。

  • 「太陽光発電システム」と「蓄電池」から、同時に「電気自動車への充電」と「家庭内への給電」をすることは
    できますか。

    できません。

  • 停電時に、「蓄電池に蓄電されている電気」と「太陽光発電の電気」を「電気自動車」へ同時に充電することは
    できますか。

    ESS-T1はできますが、ESS-T2はできません

  • 太陽光自立運転時に、「蓄電池」または「電気自動車」への充電の優先順位はありますか。

    優先順位を設定することは可能です。

  • 「蓄電池」と「電気自動車(V2Hスタンド経由)」から同時に放電することはできますか。

    通常時、最大5.9kWの範囲内でしたら同時に放電することは可能です。
    停電時は最大3kW(蓄電池のみは最大2kW)まで可能です。

  • 「電気自動車」と「蓄電池」に同時に充電することはできますか。

    電気自動車と蓄電池に同時に充電することはできません。
    また、充電しながら放電することもできません。
    太陽光発電中に「充電」を行う場合は、太陽光の電気を機器の充電に優先的に利用します。
    不足があれば、系統から購入されます。

  • 「1台のV2Hシステム」で「複数台の車」を接続することはできますか。

    同時に複数台を接続することはできません。

  • 「電気自動車」に充電した電気を「蓄電池」に貯めることはできますか。

    可能です。

  • 電気の自給自足を行うため、電力契約のない家に設置することはできますか。

    できません。必ず電力会社との契約が必要です。

  • トライブリッドパワコンの設置場所が南面しかないが、問題ありませんか?

    直射日光の当たらない場所への設置が必要です。直射日光があたる場所への設置の場合、別売の日よけボードを使用していただければ設置可能です。

  • トライブリッドパワコンとV2Hスタンドは雨にぬれても問題ありませんか。

    問題ありません。

  • 「太陽光発電システム」から「電気自動車」と同時に、「蓄電池」にも充電できますか。

    太陽光発電システムから電気自動車と蓄電池へ同時に充電することはできません。

  • 既に「エコキュート」が設置されている場合、設置は可能ですか。

    一般回路に接続してご利用いただく分には問題ありませんが、停電時も利用できる回路には接続しないで下さい(停電時は使えません)

  • 「HEMS」に接続は可能ですか。

    弊社で接続試験したものは可能です。
    (Maxell, NTTコムウエア など)
    当社ホームページの『ニチコン蓄電システムと接続可能なHEMS一覧』を参照ください

  • スマートフォンなどから遠隔で充電することはできますか。

    できません。

  • 停電になった場合、自動で蓄電池からの放電に切り替わりますか。

    出荷時の設定であれば、切り替わります。

  • 停電になった場合、切替時間はどのくらいですか。

    数秒で切り替わります。

  • 蓄電池は停電時、どの程度使えますか。

    使用電力と蓄電池残量によるため、一概にはお答えできません。
    保証値ではありませんが、4kW蓄電池が満充電の場合、冷蔵庫、TV等の合計消費電力が400W程度だった場合、約10時間継続してお使いいただけます。

  • 停電時の給電はどのように作動しますか。

    出荷時の設定であれば、蓄電池残量があれば、蓄電池から給電を行い、太陽光発電があれば、太陽光発電の電力を利用するように切り替わります。

  • 停電時、200Vの電化製品は使用できますか。

    停電時の自立出力は100Vですので、200Vの電化製品はご使用いただけません。

  • 停電になった時や、停電が終わった時、電化製品に影響を与えることはありますか。

    切り替え時には電気が一旦途切れますので、デスクトップパソコンやハードディスクなどその動作が影響を与える電化製品には接続しないでください。

  • 停電時のために、蓄電池の容量を残しておくことはできますか。

    可能です。30%から非常時安心設定として残量設定をすることができます。

  • 停電時は太陽光からV2Hスタンドを経由し、電気自動車、PHVへの充電は可能ですか。

    可能です。

  • 停電時の給電は太陽光発電システム、電気自動車、蓄電池の優先順位は自由に選べますか。また自動で切り替わり
    ますか。

    優先順位を設定することは可能です。
    また、自動で切り替わります。

  • 蓄電池に設定した時刻は自動補正してくれますか。
    ユーザー自らが定期的に補正をかける必要がありますか。

    見守りサービスを利用されている場合は、補正機能があります。
    見守りサービスを利用されていない場合は、時刻の補正機能はありませんので、定期的に時刻合わせをお願いいたします。

  • 曜日ごとの充放電設定は可能ですか。

    曜日設定の機能はございません。

  • 消費電力が蓄電池の最大出力を超えた場合はどうなりますか。

    通常の商用電力連系時は、不足分を商用電力から買って給電します。
    (特にご利用時に切り替えを感じるような状況にはなりません。)

  • 待機電力はどれくらいですか。

    30W程度を消費します。

施工・設置

  • 配線は単相三線/単相二線でよいか。三相三線の場合は設置できますか。
    三相三線をトランス(スコットトランス等)で単相二線/三線に変えれば設置は可能ですか。

    配線は単相三線での接続となります。

  • 寒冷地仕様、塩害地仕様などは選択できますか。

    トライブリッドパワコン・V2Hスタンドは動作温度-20℃~40℃、塩害地仕様です。
    また、蓄電池につきましても屋内に設置するためご使用いただけます。
    ただし、重塩害地域には対応しておりません。
        ※塩害地域と重塩害地域の違いはホームページをご参照ください。

  • 増設タイプの蓄電池がありますが、初めに1台だけ取り付けて、その後増やすことは出来ますか。

    可能です。(最大2台まで)
    ただし、追加工事(電池間の配線、接続)が必要になりますので、専門の施工会社に設置していただきます。

  • 増設ユニットをつける事によって非常時兼用コンセントの数や出力を増やすことはできますか。

    出力は変わらないため、増やせません。

  • 施工をするのに、施工IDは必要ですか

    必要です。単機能とハイブリッドはハイブリッドの施工IDを持っていれば施工可能です。トライブリッドの施工にはトライブリッドの施工IDの取得が別途、必要です。

  • 施工に必要なマニュアルや、その他資料は、どこで入手できますか

    HP 『家庭用蓄電システム』内のユーザーサポートに製品別の情報を掲載しています。
    掲載項目によっては、パスワードが設定されています。パスワードは、施工ID取得の方にのみご案内しています。

  • 施工は何処が行いますか?知り合いに施工してもらうことは出来ますか?

    施工研修を受講され、施工IDを取得された業者様が施工できます。

  • 施工するものは施工教育を受講したものでないといけないですか?認定制ですか?施工するに当たって必要な資格はありますか?

    電気工事士2種以上の資格が必要です。施工IDを取得された方の監督のもと施工を行う必要があります。

  • 施工教育は何時、何処で開催されますか?

    施工研修につきましては、弊社営業部よりご案内いたします。
    開催は基本的に東京、京都、名古屋にて行います。

  • 施工する際、配線などは支給してもらえますか?

    工事説明書に記載されていますが、施工に必要な部材の一部は業者様調達の必要があります。

保守・サービス

  • インターネットとの接続は必須ですか。

    必須ではありませんが、見守りサービスをご提供するために、インターネットへの接続を推奨いたします。

  • インターネットを接続していませんが、見守りサービスを受けることはできますか。

    見守りサービスはインターネットを利用しますので、お客さまにインターネットを接続していただく必要があります。
    インターネットを接続されていない場合は、申し訳ございませんが見守りサービスのご提供することはできません。

  • インターネットへの接続は、有線ですか、無線ですか。

    推奨は、有線LAN接続としています。
    無線LANで接続が必要な場合は、指定の無線LANアダプター(無線LAN子機)が必要になります。
    「planex社製 GW-450D」、「planex社製 GW-450D KATANA」、「I-ODATA社製 WN-AC433UK」のいずれかをご使用ください。

  • 定期的に交換やメンテナンスするものはありますか。

    お客さまご自身で交換やメンテナンスをして頂くことはありません。
    ただし、蓄電池をより永くご利用いただくために、蓄電池のメンテナンスモード機能があり、1年に1回、自動で動作いたします。

  • 利用者が定期的にメンテナンスしなければならないものはありますか。
    (フィルターなど)あればその周期も教えてください。

    交換やメンテナンスの必要はありません

  • メンテナンスモードが動作しています どうすればいいですか

    年に1回(6月)、蓄電池を点検するために、自動的にメンテナンスモードを実行します。
    メンテナンスモードの実行には、家電品の接続(100W程度)が必要です。家電品の接続がない環境では、メンテナンスモードが正常に終了しないため、必ず、家電品(100W程度以上)に蓄電システムから電気を供給している状態でご使用ください。

  • 見守りサービスを受けるにはどうすればいいですか。

    事前確認書にて、お客様の承諾をいただきます。
    また、施工時にインターネット接続のないお客様にはインターネット接続(有線/無線)の工事をしていただくことが必要です。

  • 見守りサービスを一度受けたあとに、やめることはできますか。

    途中解約は可能です。
    弊社ホームページより、見守りサービス停止依頼書をダウンロードしていただき、解約されるお客様情報(署名・捺印含む)の原本を、弊社の指定先へ送付いただきますようお願いいたします。

  • V2Hスタンドを含め、見守りサービスはありますか。

    見守りサービスはV2Hスタンドも対象となります。

  • 万が一故障した場合、修理費用はどれくらいかかりますか。

    無償保証期間内に弊社製品起因で故障した場合は、無償にて修理いたします。
    自然災害やお客さまの過失による故障等は免責事項となります。
    それ以外の有償修理につきましては、都度修理費用のお見積りをさせていただきます。

  • 万が一故障した場合、どこへ連絡すれば良いですか。

    お手数をおかけしますが、販売店へご確認ください。
    メーカー修理が必要な場合は、販売店から弊社サービスセンターへご連絡いただきます。

その他 (販売、補助金など)

  • 電力申請の書き方を教えて下さい

    ホームぺージ ユーザーサポート 法人のお客様のページに各電力会社毎の記載例があります。
    『3, 電力会社様系統連系申請書参考記入例 』を参照ください。

  • 販売価格はいくらですか。

    メーカー希望小売価格(税抜)は単品ごとに、以下のとおり設定しております。
    ①トライブリッドパワコン ESS-T1:110万円
    ②トライブリッドパワコン ESS-T2:100万円
    ③蓄電池ユニット 標準用・増設用:90万円
    ④V2Hスタンド:110万円
    これらを組み合わせたシステムの希望小売価格は、それぞれの組合せ合計金額となります。

  • 標準的な工事費はいくらですか。

    販売店へご相談ください。

  • オプションの日除けボード(トライブリッドパワコン用)の価格はいくらですか。
    納期はどのくらいになりますか。

    希望小売価格(税抜)は8万円です。
    納期につきましては販売店へご相談ください。

  • 補助金は利用できますか。
    また、V2Hスタンドも補助金対象となりますか。

    現時点(2019年3月現在)で、確認済みの蓄電システムへの補助金は以下のとおりです。
    ①ZEH補助金
    ②ZEH+(プラス)補助金
    ③既築断熱改修補助金
    ④VPP(バーチャル・パワー・プラント)補助金
    ⑤各自治体の蓄電システム補助金等
    詳細は販売店にご相談ください。

    来年度 補助金「災害時活用蓄電システム補助金」については下記URLを参照
    http://www.enecho.meti.go.jp/appli/public_offer/1901/190130c/

  • 電気代は安くなりますか。

    電気を自家発電でまかなえば、家庭と電気自動車の電気代をそれぞれ節約することができます。

  • V2Hスタンドを設置する場合、家庭の契約電力は変更する必要がありますか。
    また、推奨の電気契約容量はいくらですか。

    商用電力から、V2Hスタンドで電気自動車に充電する場合、最大5.9kWで充電します。
    充電時に他のご家庭の負荷分も考慮のうえ、契約電力を見直していただいた方が良い場合があります。

  • トライブリッド蓄電システムの構成機器は、個別販売してもらえますか。

    トライブリッドパワコンは個別販売しますが、その他のシステム機器につきましては、トライブリッドパワコンがないと機能しないため個別販売できません。

  • 蓄電池を設置するメリットは何ですか。

    太陽光発電システムと組み合わせることで、電力の自給自足に貢献できます。
    また、停電が発生した際には、非常時兼用コンセントに給電することができます。
    さらに、割安な深夜電力を充電し、昼間の使用量ピーク時間帯に貯めた電気を利用することで効率よく電気料金を節約することも可能です。

  • 納入仕様書、検査成績書などは発行してもらえますか。

    納入仕様書は、原則、発行しておりません。
    検査成績書や保証書につきましては商品に同梱しております。
    紛失された場合は、販売店を通してご依頼ください。

  • 健康に害を与えるようなことはありませんか。

    植込み型心臓ペースメーカおよび植込み型除細動器(ICD)を使用している方は、トライブリッドパワコン、V2Hスタンドの操作は行わず、近づかないようにしてください。 なお、室内リモコンの操作は可能です。

  • ペースメーカーをつけている人が、トライブリッドパワコン、V2Hスタンドを操作しても良いですか。

    植込み型心臓ペースメーカおよび植込み型除細動器(ICD)を使用している方は、トライブリッドパワコン、V2Hスタンドの操作は行わず、近づかないようにしてください。 なお、室内リモコンの操作は可能です。

  • 保証期間は何年ですか。

    トライブリッドパワコンが15年、室内リモコンが5年、その他は10年です。

  • 使用済みの蓄電池の処分はどのようにしたら良いですか。

    ご使用済みの蓄電システムや蓄電池を処分する際は、必ず販売店または弊社のサービス窓口までご連絡いただきますようお願いいたします。

  • 蓄電池に充電する量(充電率)は任意に設定できますか。

    充電終了は基本的に満充電のみとなります。
    ただし、満充電となる前に充電時間が終了となった場合は、充電終了時刻に充電終了となります。

  • 蓄電池の運転データ(充電/放電)をパソコンに取り込むことはできますか。

    できません。

  • 取扱説明書を無くしました。

    こちらからダウンロードしていただけます。

  • 固定価格買取制度終了後のおすすめのモード設定はありますか。

    太陽光の余剰電力を、蓄電池に充電できる”グリーンモード”がおすすめです。
    ただし、モード変更をした場合、深夜電力が安いプランの場合は太陽光発電の余剰電力が有効利用出来ない場合がございますので、深夜電力を充電する時間を変更していただきますようお願いいたします。

その他製品のQ&A

ハイブリッド蓄電システム

トライブリッド蓄電システム

ポータブル蓄電システム

.